ウェイトコントロール

■【はじめに】

ウェイトコントロールの目的は現状維持、減量、増量と人によって色々あると思いますが、ウェイトコントロールの基本はカロリーコントロールです。

減量にしろ増量にしろ専門的な方法はいくつもありますが、難しい方法を取らなくても一般の人が取り組むウェイトコントロールはカロリーコントロールで十分出来ます。

平たく言ってしまえば摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多ければ体重は落ち、摂取カロリーの方が消費カロリーより多ければ体重は増えます。

ここに筋量や体力を落とさずに体重を落としたい・筋量を増やしたい・良い体になりたいなどの要素が入ってくると、カロリーコントロールだけでは難しくなります。

ただ体重を落としたいのか、何か理想とする身体があるのかによって、目的にあった運動や知識などが必要になって来ます。ただ太りたいと言う人はあまり居ないと思いますので、増量は筋量を増やしたいという事になるかと思います。

■【ウェイトコントロールの方法】

ウェイトコントロールのやり方はシンプルです。 まず「基礎代謝、メンテナンスカロリー計算機」に必要事項を入力して目的のカロリーを計算します。

次に計算で出た目的別カロリーの中からご自分の目的に合ったカロリーを「マクロバランス計算機」の「総摂取カロリー」に入れます。(デフォルトはメンテナンスカロリーになっています)

タンパク質倍率(デフォルトは1になってます)は目的によってかわりますが、ここではウェイトトレーニングなどのトレーニングをされている方は2〜2.5、それ以外の方は1〜1.5で問題ないでしょう。

これで目的の総摂取カロリーと総摂取カロリーにおけるマクロバランス(タンパク質・脂質・炭水化物)が計算できましたので、あとは目標の体重になるまで、計算で出たマクロバランスの通りに食事を取るだけです。

最初は食べた物のマクロ栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)を、いちいち調べて数値化するのが面倒ですが、数値化しないとコントロールが出来ません。

慣れてくると、何となくわかってくるのですが、ここだけは慣れる必要があります。今は食べた物を記録できるアプリもあって簡単に記録をする事が出来ます。

一度習慣化してしまえば、あとは簡単ですので最初の1ヶ月は頑張って慣れて下さい。